食欲の秋は食べて痩せる!最新食材ダイエット法

秋はダイエットしている人にとって、憂鬱な季節なのではないでしょうか?
その原因は「高まる食欲」。
「ついつい食べ過ぎてしまって・・・。」
「涼しくなって運動はしやすくなったけど、その分食べてしまう・・・。」
「秋になって脂っこい食べ物が恋しくなった・・・。」
という声が聞こえてきそうな今日この頃です。

でも・・・。
ダイエットのためとはいえ、秋の食欲って我慢できるものでしょうか?
ここは、逆転の発想で「食べても痩せる」方法を考えた方が得策のような気がします。
というわけで今回は食べて痩せるための秋の食材ダイエット法最新版を紹介していきたいと思います。

サツマイモはダイエットの敵ではなかった!

秋の食べ物と言えば上位に来るのは石焼イモですね。
石焼イモと言えば石焼イモ=サツマイモ→糖質→太るという連想をする人も多いと思いますが、実はサツマイモにはダイエットに効果的な成分が含まれているのです。
その成分とは「クロロゲン酸」です。
そもそもは抗酸化物質として知られるクロロゲン酸ですが、最近になって糖質の吸収を抑制する効果があることがわかってきました。
しかも、サツマイモは意外に低カロリーなのです。100gあたりのカロリーは132kcal。ご飯の168kcal、パンの264kcalと比べても低カロリーであることがわかります。

豊富な食物繊維もダイエットに一役買っています。便秘解消効果があり、満腹感も得やすいからですね。
さらにはサツマイモに含まれるビタミンBには脂肪の燃焼を促進する作用があります。
つまり、サツマイモはダイエットの「敵」などではなく「味方」なのです。

サツマイモは食材としてもかなり認知されていますので、様々なレシピが存在しています。おすすめの食事法は一品をサツマイモ料理にするという方法です。
ご飯であればサツマイモご飯、おかずであればサツマイモのサラダなどがあげられます。
温故知新的な食材「サツマイモ」をもう一度見直してはいかがでしょうか。

柿はダイエッターを救う!

柿は秋のフルーツの代表格ですが、ダイエットに最高な成分が豊富に含まれていることをご存じですか?
それはビタミンCです。
ビタミンCと言えば美肌にいいというイメージが先行して、他の効能があまり話題に上らないのですよね。ビタミンCには肥満を抑制する作用があるのです。

その作用とは、通常の細胞の代謝を上げる一方で脂肪細胞に対してはエネルギー源であるブドウ糖の供給を抑制するというものです。
要は脂肪細胞のみを飢えさせて成長できなくするという作用を持っているということなのです。柿にはこのビタミンCが、みかんの何と2倍も含まれています。

その他にも、コレステロールの吸収を抑制するペクチンや、陳代謝を促進するタンニンも含まれているので、食材に柿を取り入れるとダイエットに効果的です。
そして料理の食材としても割と使い勝手がよく、レシピも多く存在しています。「野沢菜と柿の炒め物」や「柿とヒジキの白和え」などがおすすめレシピです。

大豆の旬は秋なのです

大豆はダイエットフードの王様のような存在ですが、その旬は実は秋なのです。

大豆加工食品の中で日本人にとって最もなじみ深いものと言えば、「納豆」ではないでしょうか。
血液サラサラ効果で知られる納豆ですが、体脂肪を減少させる効果があることが最近になって判明しました。
同様の効果が大豆にあるということは10年ほど前からわかっていましたが、大豆の煮豆と納豆で比較実験を行ったところ、納豆のほうが体脂肪減少作用が強いということが判明したのです。
納豆を用いたレシピは実に様々です。
そばに入れて納豆おろしそばにしたり、キムチとあえてキムチ納豆にしたりと数えきれないほどのメニューを考案することができるはずです。

まとめ

今回は秋の食材で新たなダイエット効果が判明したものをピックアップしてみました。
結果的には割とありふれた食材ばかりになってしまいましたが、どれも和風の食材なのですよね。
最近の傾向としてはこのような伝統的な日本の食材の研究によって意外かつ新たな発見が得られるということが多いようです。
海外での和食研究も日本に劣らず盛んで、海外発の発見も多いと聞きます。

日本人の長寿の要因の1つとして、よく日本食の効果があげられます。
今後ますます研究が進んで長寿食としてだけではなく、ダイエット食としての地位もどんどん向上していくのではないかと考えます。
そんなことを考えながら今回ご紹介したダイエットフードを食するのもまた一興かと思いますが、何にしろ食べ過ぎは逆効果です。
今回あげた食材によるダイエット法の効果は魔法の杖ではないので、摂取カロリーを極端に増やしてしまえば、当然ダイエット効果が薄れてしまいます。
食べる量は減らさず、摂取カロリーを抑えて脂肪燃焼に効果的な成分を摂るというのが基本的な戦略だということを意識して取り組むとよいのではないでしょうか。
あまりつらい思いをせずにダイエットできると思いますよ。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る